Atsushigraph

Atsushigraph

Graphics
  1. Name
  2. >
  3. Choreography

Choreography

Choreography

"Choreography" は、分子モデルが醸し出す、美しく、ユニークで、謎めいた雰囲気に触発されています。CGによって描かれる分子モデルは、学術的な理解を助けるだけでなく、命の不思議な振る舞いを垣間見せてくれます。それはまるで、生命が振付師となって、個々の分子や信号の働きを演出しているかのようにも映ります。タイトル "Choreography(振り付け)" も、その印象に由来したものでした。想像が膨らむビジュアルを備えたその姿は、結び合い、反応し合い、さまざまな目的をもって日々働いています。そこで生まれる多様で特異な姿を、ここでは造形美として捉えていきます。形が持つ独自性や、機能的な美しさを吸収した空想から掬い上げる、架空のフォルムをスケッチすることから始まり、形を探っていきました。最終的にはCGによるバーチャルな立体造形へと成長し、漆黒の闇に浮かび上がります。わたしたちの命は、無限に連鎖しながら、身体のなかでは約7年間にわたって入れ替わる分子が支えています。それを基盤に、いくつもの信号が生み出され、絶えず作用しています。このグラフィックで描く空想のフォルムは、不思議な存在感を放つ分子、そしてそれが織りなす神経信号の姿形に対する、理解をこえたエンパシーに依拠しています。