Atsushigraph

  1. Journal
  2. >
  3. Diary
  4. >
  5. "visualize" Diary

"visualize" Diary

"visualize" Diary

2021年1月1日

"visualize" は静止画としての絵とモーショングラフィックが、ほぼ同時並行的につくられた作品です。これを描く最中に思い出していたのは、思春期の多感な時期に、個人的に色濃く影響を受けたビジュアライザーの世界でした。音にあわせて色彩や風景がシンクロしながら移り変わっていくその映像は、いまもありありと感動を思い出すことができます。家族が寝静まった夜に、その映像を大好きな音楽とともに鑑賞していると、静かにこころが揺らめくのを感じることができました。その体験をするきっかけとなった機器は、いまも大切に使っていて、時折見返しています。


ビジュアライズは英語でくっきりとこころに思い描くことを言うそうですが、わたしの場合ははっきりとした景色というよりは、余韻の残ったおぼろげで揺らぎあるイメージであることが多いと感じます。この絵もそんな心象から描き出しています。


大きなスクリーンに映し出されるのは、輪郭のぼやけた色彩が、ゆっくりと流れてゆく映像です。ドラマチックな転調より、穏やかな移ろいや仄かな揺らめきのほうが、繰り返される生活にふと気づくこころの変化に似ているような気がしていて、好んで想像します。その緩やかでやわらかな心持ちを形として残してみたいと思い立って、生まれた一枚です。

text by Atsushigraph