Atsushigraph

  1. Graphics
  2. >
  3. Series
  4. >
  5. Living Things

Living Things

Living Things

Trust(2020)

Undertake(2020)

うつつのゆめ(2019)

Light Rocks(2020)

Cleft(2020)

盾(2019)

Mining Site(2020)

Tempest(2020)

nigatsu-no-senaka(2020)

人と人が関わる上でのストラグルを経て、生あるものののたくましさや優しさ、そして交流を結ぶ心象を捉えて描くグラフィックシリーズがLiving Thingsです。Living Thingsとは衆生の意で、衆生とは、生きとし生けるもの全てを意味します。さまざまな要因によって私たちは翻弄され、揺らぎ、傷つきながらも、現実は歩みを止めることはなく、そうした変化を繰り返す時間の中に一人ひとりが生かされていることに気づきます。移ろう時間の中に、それぞれの生の面影を見つけ、生かされている無常を携えて、このシリーズでは写真やコンピュータグラフィックス、ドローイングを融合させたボーダレスな景色を描きました。その景色は静かで揺らぐことのない人間性を追い求めています。


このグラフィックシリーズはリトルプレスのZINEやジークレープリント、さらにキャンバスプリントとして、2020年年末から現在まで展開されています。