Atsushigraph

Inner Silence

Visual Arts Exhibition

Atsushigraph

2022112日(水)----    6日(日)

Cyg Rental Wall

静かなる祈り。

静けさと穏やかさを携えた、ビジュアルアートの展覧会を盛岡はCyg Rental Wallにて開催いたします。


Inner Silenceとは「内なる静寂」という意味を持ち、平静を保つことが難しい社会情勢の中でも、日々平穏を大切に生きたいという祈りにも似た想いが込められています。


Atsushigraphは本展で、かけがえのない平穏に立ち返る端緒を描こうとしています。またその手がかりとして、『静寂』の持つ効果に魅せられています。日々の暮らしにそっと立ち止まることを許してくれる、穏やかな時間は何にも代え難い尊さを持っています。平穏を取り戻すための役割の一端をイメージに期待し、静けさと柔和な印象に満ちた像をデジタルコラージュの技法に表現していきます。


絵の中の生命は、何かを発見したり、集まって祈りを捧げたり、ただ環境に身を委ねたりと皆一様に穏やかな過ごし方をしています。彼らは内面的平穏を模索する鑑賞者の分身であり、シンボルでもあります。ささやかで一見目立たない佇まいが、いつも世界の側から見た視点でさりげなく描かれます。

7点と小規模ながらも集まった多種多様なグラフィックは、現実の断片を撮影することから始まり、撮り溜めた写真や手描きのドローイング、デジタルペイントなどを3D空間にコラージュする技法によって生み出されました。リアルだけでも空想だけでもない、双方がシームレスに繋がりあう描写を求めてきたAtsushigraphの姿勢を表しています。


不安や煩悶を抱く中でも、静寂とともに生きることを促すビジュアルアートをぜひご高覧ください。

Atsushigraph

アツシグラフ

岩手県出身 / 在住のビジュアルアーティスト。1993年生まれ。2010年に統合失調症と診断されたのち、療養期間中に独学によるデジタルコラージュの制作を開始。以後展覧会などをとおして社会との接点を繋ぎながら、少年時代に魅せられたコンピュータテクノロジーを活用した表現を積極的に取り入れている。しばしば内なる不安に接近しながらも、この世の無常と生命の孤独に寄り添うグラフィックを描く。現在、本サイト( https://atsushigraph.com )をとおして作品の制作・発表・流通を行う。

2019年第2回日本財団DIVERSITY IN THE ARTS公募展佳作。

Outline

【Cyg Rental Wall】
Atsushigraph Solo Exhibition

Inner Silence

会期:2022年11月2日(水)〜 6日(日)
営業時間:10:00 ー 18:30
入場無料

概要:ビジュアルアートの展覧会。キャンバスプリントおよびジークレープリントの展示・販売。

会場:Cyg art gallery
〒020-0024
岩手県盛岡市菜園1-8-15 パルクアベニュー・カワトクcube-Ⅱ B1F
Googleマップで確認する

TEL&FAX 019-613-7730

WEB: https://cyg-morioka.com

Cyg Rental Wall 地図

【お客さまへのお願い】
新型コロナウイルス感染症への対応・対策のため、以下の点にご留意ください。

* 体調に変化を感じられている方はご来場をお控えいただきますようお願いいたします。
* ご来場の際はマスクの着用・手指の消毒または手洗いのご協力をお願いしております。感染対策をしてお越しくださいませ。
* お客さまどうしの間隔が1m以上となるよう、距離を保ってご鑑賞いただきますようお願いいたします。