Atsushigraph

Atsushigraph

Atsushigraph

アツシグラフ


岩手県は盛岡に拠点を置き活動するデジタルアーティスト / 美術家。自身のファーストネームと、何かを「書いたもの」を意味する複合語 graph を掛け合わせた造語の名で、絵を描いています。「atsushiによって描かれたもの」という意味を含ませたAtsushigraphというなまえには、自身が表現する筆跡のようなくせや特性を理解し伸ばしながら、表現活動を拡張していく意図が込められています。


盛岡と東京で定期的に行う展覧会のほか、自身のオンラインストアを通じて、独学で作り出すコラージュアートの発表と流通を行っています。写真、ドローイング、ペインティング、切り絵など多様な技法で生まれた素材を3DCG上に取り込み、統合するスタイルで描かれるそれらのグラフィックは、しばしば内なる不安に接近しながらも、この世の無常と生命の孤独に寄り添っています。


2016年より現在まで、クリエイティブコミュニティ MOUNT CLUB メンバー。
2019年よりジークレープリントをアートマーケットプレイスTRiCERAより発売。
2020年よりオンラインストア Atsushigraph Graphic Arts Store をオープン。
atsushigraph.comと併せて丹念に制作した作品の魅力を発信しています。


●受賞歴
2019年第2回日本財団DIVERSITY IN THE ARTS公募展佳作受賞。


●メディア掲載歴
2015年5月1日、2019年11月2日:岩手日報 文化面掲載。
2017年1月24日:IBC岩手放送(IBCラジオ)生出演。
2014年〜2017年:盛岡タイムス掲載。