Atsushigraph

アートパラ深川おしゃべりな芸術祭2022にて、協賛企業賞受賞と作品展のお知らせ。

2022年9月17日

Cyg Rental Wall Inner Silence 盛岡Cyg art galleryでの展覧会

アートパラ深川おしゃべりな芸術祭は、2020年より東京・深川から、障がいをもつアーティストの作品を街全体を使って展開する、手作りの街なか芸術祭です。3回目を迎える今年のアートパラ深川において、Atsushigraphの作品「gem」が、協賛企業賞「フォーデイズ賞」を受賞いたしましたので、お知らせいたします。

9月17日(土)からアーバンドックららぽーと豊洲・センターエントランスイベントスペースにて上位入賞作品展が、また10月15日(土)からは、深川江戸資料館・地下1階レクホールと森下文化センター・1階ロビーにて全国公募展・入選入賞作品展が開催されます。Atsushigraphの作品「gem」もこちらで展示されますので、ぜひさまざまな作家の個性豊かな作品と併せてお楽しみください。

また本展の受賞に際して、Biographyも更新いたしました。この更新で、Atsushigraphのバックグラウンドのひとつである障がいについても初めて触れています。Atsushigraphは2010年に統合失調症と診断され、現在も疾患の治療を続けながら日々の活動をしています。この事実をお伝えするべきか、何年にも渡って迷いがありましたが、受賞を機にAtsushigraphの背景についてもお伝えすることといたしました。

この疾患が意識させるもののひとつに、孤独があります。しかし、孤独の感覚は本来的に、疾患をもたない人々ともかさなりあう、普遍的なものでもあると気づかされます。孤独を共有し、あらたな景色を再発見する、その延長上に「gem」の澄み切った風景が存在できましたらと願います。ぜひ実物を展示でご覧いただけましたら幸いです。

【アートパラ深川おしゃべりな芸術祭2022】

● アートパラin豊洲[豊洲公園・ららぽーと豊洲他]
会期:2022年9月16日(金)ー 19日(月)
会場:〈 上位入賞作品展示 〉
   アーバンドックららぽーと豊洲・センターエントランスイベントスペース
   * 9月17日(土)ー19日(月・祝)10:00ー21:00の間ご覧いただけます。
   * 展示作品はジークレー版画です。

   他、豊洲公園・豊洲ぐるり公園でも展示

同期間には関連イベント「キックオフイベント“アートパラ深川大賞”発表!」「キックオフイベント・パフォーマンス」「アート鑑賞も楽しめるTOKYO UNITED SDGs WALK」も開催。


● アートパラ深川[門前仲町・清澄白河・森下]
会期:2022年10月15日(土)ー 23日(日)
会場:〈 全国公募展・入選入賞作品展示 〉
   深川江戸資料館・地下1階レクホール、森下文化センター・1階ロビー

   〈 その他の展示 〉
   街なかアート:清澄白河エリア
   街なかアート:清澄庭園エリア
   街なかアート:森下エリア
   街なかアート:深川七福神巡り
   街なかアート:門前仲町エリア
   みんなのアート絵馬神輿:富岡八幡宮・本殿前
   アート販売(AMF・アートパラマーケットフェア):EARTH+GALLERY
   アート販売(AMF・アートパラマーケットフェア):深川不動堂・ロータスホール
   特別企画展示(ハートの森を巡りながらのアート鑑賞):清澄庭園・大正記念館
   その他、各種イベント & Exhibition

アートパラ深川おしゃべりな芸術祭2022 ウェブサイト: https://artpara-fukagawa.tokyo