Atsushigraph

  1. Biography

Atsushigraph

Atsushigraph

アツシグラフ
グラフィックアーティスト・美術家

atsushiのファーストネームと、何かを「書いた(描いた / 記録した)もの」を意味する複合語=graphを掛け合わせた造語の名で絵を描いています。いきていることの経験や知覚を機にうまれる心象や物語を、筆跡のように自分らしく描き残していきたいという意思が、自らの名前とともに込められています。

2014年頃より制作を開始し、初期にはスマートフォンによるコラージュ作品を手掛けました。現在は写真やドローイングなど、複数の素材によるコラージュに3DCGを融合する技法へと進化。そのグラフィックには技法や表現手段が溶け合い、ボーダレスかつ静謐な世界が展開されます。

これまでに東京「MOUNT tokyo」や「CLOUDS gallery plus coffee」等で個展を開催。制作の拠点とする岩手/盛岡では「ござ九・森九商店」、「盛久ギャラリー」等で個展を開催しています。

近作においては写真や切り絵、ドローイングなどによる素材の集積を三次元空間にコラージュするスタイルをとおして、人間の感情や営み、その断片を自己ではなく世界の側から俯瞰する視点へと喚起させることを主要なコンセプトに掲げています。
また近年はWebコーディングを利用したモーショングラフィックへも領域を広げ、展覧会でのインスタレーション等に展開しています。


2016年より現在まで、クリエイティブコミュニティ MOUNT CLUB メンバー。
2019年よりジークレープリントをアートマーケットプレイスTRiCERAより発売しています。
2020年よりオンラインストア Atsushigraph Graphic Arts Store を開設・運営。
2021年より本サイト atsushigraph.com 内にもオンラインストアを開設し、Atsushigraph Graphic Arts Storeと併せて丹念に制作した作品の魅力を発信しています。


●受賞歴
2019年第2回日本財団DIVERSITY IN THE ARTS公募展佳作受賞。


●メディア掲載歴
2015年5月1日、2019年11月2日:岩手日報 文化面掲載。
2017年1月24日:IBC岩手放送(IBCラジオ)生出演。
2014年〜2017年:盛岡タイムス掲載。